FC2ブログ

60代彼との年の差・遠距離・婚外恋愛の喜怒哀楽日記です。 婚外恋愛にご理解頂けない方はご遠慮下さい。

  東京日記のナビゲーター   トップページ > 2008年11月  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

写真

2008 - 11/30 [Sun] - 21:52

もうすぐ師走なので、お部屋の片付けを少々してたら
ワタクシの結婚式の写真が出てきました。

いまから数年前、おそらく人生で一番輝いてた日でしょうね~。
いまよりも数キロ痩せてたし、お肌も若いし、旦那の髪も多いし
なんといってもウエディングドレスのキレイなこと!!
もう一度着てみたいわ~、と願っても無理な話しなんですけどネ。


もちろん吉田が写ってる写真も出てきました。
主賓席に座ってる吉田ですから、いろんな写真に写っています。
吉田もいまよりかなり髪の量は多いです…。




続きを読む »
スポンサーサイト

今年もあと少し…

2008 - 11/28 [Fri] - 17:09

11月も終わりますね~。
今週はなぜか飲み会三昧でして…。
もちろん今日も明日も飲み会です♪


さてさて、吉田さんとは火曜日の会議で会ってから
その後いつもの事ですが音沙汰ありません。
会議の後に仕事を頼まれ
『こっちには来てるんだけど○○の仕事がビッシリでね~』
『はいはい、いいですよ♪外回りならどこまででも行きますよ♪』
『申し訳ないね~。来週あたりヒマみて来るからさ』
『了解です♪』と、少しでしたが話しはできました。

その日の会議自体はとても長くて精神的に疲れました。
会議中の吉田はいつもの通り眉間に皺を寄せていましたが
場が和むと一緒にニコニコしていたのでホッとしました。

会議の資料に書いてある独り言が
『吉田さん、笑ってよ~』
『吉田さん、スマ~イル♪』

から
『吉田さんカッコいい♪』
『吉田さん素敵』

に変わっていました。



ってか、忙しいんですよ…。
なにせもうすぐ12月ですからネ…。


皆さまもお風邪などひかないように
たっぷり静養なさってくださいね♪

うぃ~

2008 - 11/25 [Tue] - 23:57

まぁね、大きな会議の後は飲んで帰るのがイチバンですよね。


いや~、今夜も飲んだ飲んだ!
会議中の吉田はかっこ良かった♪



おやすみなさい(-_-)zz

連休ですね

2008 - 11/24 [Mon] - 00:01

三連休ですね。
お楽しみの後にはイヤなこともあるわけで・・・・

連休明けの火曜日は弊社の大きな会議がありまして…。
吉田も出席する会議なので会えるんですけど
会議前の吉田はちょっとピリピリしてるんです。
このワタシですら話しかけにくいんです。


だから会議で会う吉田は怖いんです…。


とまぁ、生娘みたいなコトを書いてしまいました。
だいたい大きな会議の前に、彼女である私と
ウキウキ話しなんて無理なんですけどね…。

あ、火曜日は吉田からお使いを頼まれるかもしれません。
木枯らしの中、監督官庁に書類を出しに行かなければなりません。
歩いて行こうか、自転車で行こうか、車で行こうか…。


来週は雪が降るみたいです・・・・。

老眼

2008 - 11/22 [Sat] - 10:36

今週は電話もメールも1本も無かった完全放置週間でした。
まぁ、杏も今週からだんだんと忙しくなってきたんで
吉田が現れてもゆっくりお相手してる時間はありませんでした。

仕事に打ち込んでるからって、吉田のことを考えない…
ってなコトはないんです。仕事の合間合間に
『吉田は元気かな~』って思い出してはいるんです。

先週、仕事の話しで電話が着た時に
『来週そっちのお客さんに会うから』
と、言ってたのでこちらの街には来てるはずなんですが…。




あ、そうそう!!昨日テレビで「老眼は手術で治る!!」ってやってましたよね。
吉田もとっくに老眼の症状は出てるんです。
でも絶対に老眼鏡はかけません。

この前の出張デートでも、メニューを離して見ている吉田に
『ねーねー、老眼鏡かけないの~??』
『ん??うん、かけなきゃないんだけどね』
『大丈夫よ、吉田さんカッコいいからきっと似合うって~』
『そう??』
『かけても笑わないからさ~♪』
『もう少し頑張る…』
なんて言ってましたから。

なにせ自分の薄毛を気にしてる吉田ですから
老眼鏡をかける=年寄りくさいとでも思ってるのでしょう。
ホント、若い彼女を持つと大変ですよね。



しつこいようですが杏は『枯れ専』です。
薄毛でも白髪でも老眼でも歳相応ならOKなんです。

いまの吉田ならきっと老眼鏡も素敵なアイテムになるのにな~。

心と体

2008 - 11/20 [Thu] - 17:46

なにかの本で読んだことがあるんですが

『夫は妻の体の浮気を嫌い、妻は夫の心の浮気を嫌う』

う~ん、なるほど納得です。


いくら妻が心の浮気をしても、妄想のなかで性行為をするだけで
実際には指も触れられない関係ですから妊娠の心配はありません。
ただ、体の浮気となると妊娠の可能性でてきますよね。

なので結婚してから何十年も経ってるのに、大昔の浮気が発覚すると
夫はめちゃくちゃ怒るらしいんです。いま育ている子供が浮気相手の
子供の可能性が出てくるからなんですって…。

逆に妻は夫に体の浮気をされても、遊びの範囲内であれば許すそうです。
遊びならば、相手の女性が妊娠しても夫はその子供を認知しない傾向が強いそうです。
妻は、自分を愛してくれてるならば、旦那の持っている資質を独占できるってわけです。


そして妻にとって最もイヤなのは、夫の心の浮気なんですって。
なぜなら、夫が他の女性に心を奪われてしまうということは
その女性に資質を横取りされてしまう可能性が出てくるためです。
最悪の場合、家にも帰ってこない、もっと最悪の場合離婚もありえます。




体の浮気は既成事実さえあれば白黒ハッキリしますが
心の浮気には証明のしようがありませんよね…。




とりあえず杏は心も体も…ですね。
吉田もそうであることを祈っております♪


多忙なんですよ…

2008 - 11/18 [Tue] - 17:49

いや~、
ふだんから真面目に稼いでないもんだから
ここにきて忙しいったら!!
頂戴したコメントのお返事も明日しますんで!!


吉田からは先週電話があっただけで相変わらず放置されてるし、
まぁ、時期的にも吉田は今月は忙しいから、しょうがないんですけど。






ふと思ったんです。
なぜ吉田は杏とお泊りをしたがらないのか。










続きを読む »

バトン♪

2008 - 11/17 [Mon] - 14:25

あちらこちらのお友達の間で流行ってる
「婚外恋愛バトン」私もやってみました!!

ってか、年末なんでちょっとバタバタしてるんで…。



Q1 あなたのハンドルネームとお相手の名前(呼び方)をどうぞ。
A1 私→杏々 彼→吉田(仮)

Q2 どちらが既婚ですか?それともダブルですか?
A2 W

Q3 二人の年齢差は?
A3 約20歳

Q4 お付き合いの期間はどれくらい?
A4 復縁してからもうすぐ3年

Q5 遠距離?中距離?近距離?
A5 遠距離かな~。高速道路をブッ飛ばして2時間の距離

Q6 今の彼氏(彼女)は何人目の(不倫)お相手?
A6 最初で最期のお相手です♪

Q7 どこで知り合いましたか?
A7 仕事絡みです

Q8 将来は一緒になりたいですか?
A8 そりゃ無理でしょう

Q9 自分の配偶者、相手の配偶者に罪悪感はありますか?
A9 少々

Q10 相手に配偶者のいる方は奥様(旦那様)に嫉妬しますか?
A10 考えると嫉妬で狂いそうなので考えないようにしています

Q11 配偶者のある方、家庭内セックスはありますか?
A11 あります

Q12 もし二人に別れがあるとしたら理由は?
A12 どちらかがあの世に逝ってしまった時かしら

Q13 現在の相手と別れたら、次はある?(笑)
A13 無いですね~。吉田以外には考えられない 

Q14 奥バレ(旦那バレ)した!どうする!?(どうなる!?)
A14 絶対に認めない!!

Q15 お相手とのセックスは満足してる?
A15 超満足~♪

Q16 気持ちの温度差はある?
A16 私の方が高いと思ってたら、実は同じくらいらしい♪

Q17 二人の付き合いで不満がある? あるとしたら何ですか?
A17 放置禁止!!

Q18 彼氏(彼女)が浮気!許す?許さない?
A18 説教して許す

Q19 一年後、二人は付き合ってると思いますか?(笑)
A19 もちろん!!

Q20 最後に! 彼氏(彼女)に一言!
A20 死ぬほど愛してます!!

その後

2008 - 11/14 [Fri] - 10:26

デートの翌日には必ずお礼のメールを送るようにしています。
しかも前回のデートではご存じの通り吉田は泥酔していたので
無事だったのか気になっていたので、休み明けの朝イチバンでメールを一通…。

『先日はいろいろとありがとうございましたその後、こちらは特に問題ありませんでしたが、ちゃんとご自宅にたどり着けましたか?次回はこちらでしましょうネ

朝イチで送ったメールの返事は18時近くでした。吉田とは、こーゆう人です。
だからって私も凹みも怒りもしないし。杏もこんな人です…。

『気がついたら布団の中だった途中の記憶が全く遮断されています今度のときに教えて
『世の中には知らない方が幸せなコトもあるんですヨ…近いうちにまた行きましょうネ~
『了解です近いうちにまた


う~ん、とりあえず無事だったみたいで一安心♪
ま、次の日は休みだから、きっとゆっくり寝てたんだろうな~♪









続きを読む »

24

2008 - 11/12 [Wed] - 10:06

娘さんの話しなんですが…
どーやらいまの彼氏と別れるって騒いでるらしいんです。

ま、もともと彼氏の職業ってーのが独特でして
結婚となると、果たしてその嫁が務まるのかと
疑問に思ってたわけで…。

もしもその彼氏と結婚して、
嫁として夫を支えていく立場になりたいのなら
心を入れ替えて挑まないと無理だと思ってたんです。

で、吉田が言うところの
『うちの娘は俺に似てせっかちだからな~』
『せっかちかぁ??』

そう言われてみればせっかちかもな~。
仕事で何か頼まれてたら、すぐに処理しないとイラっとするもんな~。

『うん。メールの返事が何ヶ月も来ないと諦める』
『何ヶ月じゃせっかちじゃないけどさ~』
『娘は30分経っても返事が来ないと落ち込んでるんだよね~』
『30分くらいいいんじゃない??だって相手も仕事してるんでしょ??』
『してるよ。それを娘に言っても分からないんだよね~』
『その返事をすぐに送るって、いまどきの高校生くらいじゃないの??』
『俺もそう思うんだけど…』
『なんか、そーやってヘンに携帯で縛ってるのってイヤだな~』

ま、つまり電話でもメールでもすぐに返事が来ないのは
自分に愛情が無いのでは??って思ってるんです。
それか、返事が遅いのにブチ切れるか。

『同じ干支だし、年上だし、杏ちゃんの言うことならきくと思うんだけど』
『いいよ~。男とはこんなモンだってーのを教えてあげるよ♪』
『人生経験豊富な杏ちゃんだからきっと大丈夫』
『よし、説教だ~!!』



ワタクシとしては返事の早さだけで愛情を計るのはどーかと思うんです。
24時間いつでも携帯が繋がるようにしておけってーのは
相手に求めるものではないと思うんですよね~。


皆さんはどう思われますか??



言い訳

2008 - 11/10 [Mon] - 10:39

さてさて、朝目を覚まし酔いも醒めた頭で
杏達の行動を振り返ってみると…

二人でホテルに入り、しばらくして二人で出て行ったかと思ったら
すぐに一人が戻ってきた…。しかもシングルルームの客なのに。

どー考えても宿泊客以外の人が客室に入ってたってコトですよね!?
もしかしたらチェックアウトの時に何か言われたらどーしましょ、と思ったんです。
フロントの前を通った時も、実はフロントマンの目がかなり冷たかったし…。




そこでいろんな言い訳を考えてみました。



『泥酔したから介抱のため』
ベタです。

『泥酔して無理やり部屋に来た』
吉田に失礼です。

『父です』
歳が近すぎます。

『兄です』
歳が離れすぎです。

『出張中の夫に会いにきた』
夫ですって♪

夫…かぁ。こりゃ使えますな…。
夫が嫁の部屋を訪ねてきたなら文句も最小限でしょう。
よし、普段は絶対に言えないから、聞かれたら言ってしまえ!!

『ゴメンなさい、主人なんです』
照れますなぁ♪



ドキドキワクワクしながらチェックアウトをすると…
何も言われませんでした。つまんねーの!!

でもエレベーター前の監視カメラの前でべったりくっ付いて
ブチュ~とやるなんて、夫婦じゃやらないでしょ…。
外国人ならまだしも、二人共コテコテの日本人ですから。

ま、ホテルの人も薄々は気が付いていたんでしょうが
そこらへんは『大人の事情』ってコトで…。ありがとね!!




今度から吉田の街に泊まる時は
住所も適当に書いて、名前も偽名を使おう!!






続きを読む »

シングルルームにて

2008 - 11/07 [Fri] - 16:33

吉田に強く抱き締められながらも
ワイシャツに化粧が付いてしまうのではないかと気になったので
顔の位置を動かそうとしましたが、押さえ込まれていて動けません。
逆に、動こうとする杏を逃がすまいと、さらに強く抱き締めてきます。


それでも顔を動かすと吉田は顔を近付けて、今度は口で杏の口を塞いできました。










続きを読む »

馴染みの店にて

2008 - 11/06 [Thu] - 17:39

ダイニングキッチンを出て、10分ほど歩いて次のお店に向かいました。
吉田が若いころからお邪魔しているお店で、年配のママさんが
一人でやっているお店でした。

『吉田さんが女の人と二人だけで来るなんて珍しいわね~』
『へ~、真面目なんですね~』
『いつもは事務所の若いコとかお客さんとかと大勢で来るのに~』
『そそそ。俺って真面目なの』

飲み屋のママさんは、カウンターに座る男女の関係を一発で見抜くらしいです。


で、話題はなぜか、最近世間を賑わせている『宝くじ殺人』の話しになりました。
(詳しくはココ!!うにちゃんは必読!!)

『アタシだったら誰にも言わないな~』
『家族になら言うかもな~』
『え、俺には??』
『…言うかもな~。ある日突然封筒を渡したら察してね』
『口止め料ってコトね』
『でもさー、ホントに3億当たったらいくら欲しい?』
『そりゃ1億でしょ~』
『そしたら何か固定資産でも買ってよ~』
『いいね~』

ま、つまり隠れ家的場所を用意してくれってコトなんですが…。




そこのお店では1時間ほど飲み、次のお店に移動しました。
が、吉田ったらすでに酔っ払ってるんです!!
カウンターに座ってたんですが、たぶんお店の人も
吉田が酔っ払ってるのに気が付くくらい
会話がかみ合ってなかったんです…。

こりゃ今日はこのまま帰した方がいいのかな~と思いましたもの…。


お店を出てタクシーを拾える通りまで歩いたんですが
完全に酔ってる吉田は繁華街なのに杏の腕を組んできたんです。
誰に会うかわからないのに吉田ったら…、相当酔ってます。


先に杏をタクシーに乗せそのまま帰るのかな~と思ったら
さすが吉田さん、ちゃっかり乗り込んできました♪



で、ホテルに着いて部屋に入っても吉田はフラフラしています。

『今日はさ、もう寝よう』
『はいはい』
『一緒に寝よう』
『今日は何もできないネ』
『なんで~』
『だってかなり酔ってるでしょ』
『酔ってない酔ってない』
『無理しないで』
『うん。じゃあ何もしない』

今日はこのまま寝かせてあげよう…。
それに実は杏もすでに眠かったんです。



狭いシングルベッドで服も脱がずに杏のことをきつく抱きしめたまま
吉田は軽く寝息を立てていました。





洗い立てのワイシャツの匂いと、杏が贈ったシルクのネクタイの触り心地で
なんだかとても幸せな気分になり、杏もそのまま眠ってしまいそうでした。






ダイニングキッチンにて?

2008 - 11/05 [Wed] - 13:33

こんな不景気な昨今でも景気のいい職種がありまして…。
吉田のお客さんの会社なんですが、いつ行っても忙しそうなんですって。

実は杏は昔この職種の人とお見合いをしたことがありまして…。
その頃、吉田とは付き合ってるのか付き合ってないのか
微妙な状態だったんですネ…。


『アタシさぁ、その手の職業の人とお見合いしたことあるんだよね…』
『え、いつごろの話し??』
『旦那と知り合う前に』
『じゃあその人と結婚してれば、きっと今頃優雅な生活だったかもよ』
『いや、そいつに限ってはそうは思わない。アイツだけは絶対無理!!』
『そんなにキライだったの??』
『相手は結婚したかったみたいだけど、ワタシはその気無し』

まぁ、とにかく最低な相手でして…。
あまりに嫌いすぎて、携帯に電話がかかって着た時なんて
『どーしよう…』って泣きながらオロオロしたくらいですから…。


『旦那さんと知り合う前ってコトはさ、当然その頃に彼氏はいたんでしょ??』
『それはですネ…』
『その頃の彼氏ってさぁ…』
『アタシね、失恋するとなかなか立ち直りが遅い方だから過去の彼氏って何人もいないの』
『ってコトはさ…??』
『片手の数もいないんじゃない??』

お察しの通り、この相手と見合いをしたのは
吉田とはすっかり別れていない頃でして…。


吉田と付き合い始めて2年目に入るも
だんだんデートの回数も少なくなり、アチラの方も当然なし
 ↓
でも結婚願望はあったので親の勧めで見合いをするも
死んでもコイツとだけは結婚したくないと思う相手だった
 ↓
吉田と久しぶりにデートをするも、がっかりするコトが起きて勝手に別れを決意
 ↓
現在の旦那と出会う
 ↓
見合いを正式に断る


ってな感じなんですよ。



吉田には、なぜあの時杏が一方的に別れを決めたのかを
チラっと話しただけで、詳しくは言っていませんでした。
本当はこの時に言えば良かったんだけど
楽しいデートの最中だったので言えませんでした。

でも、いまの二人の関係なら
なぜあの時に別れを決めたかの話しをしても
許してくれるんじゃないかな~と思うんです。



もしもいつか話す機会があったら、あの頃の話しをしようと思いました。

どれだけ杏が吉田を大好きだったのか…。
その後、どれだけ辛かったのか…。
どれだけ涙を流したのか…。


そして、いま再び恋愛関係にあることに、どれだけ感謝をしているか…♪

ダイニングキッチンにて

2008 - 11/04 [Tue] - 17:02

化粧を直し、部屋を出てエレベーターで1階まで降りようとすると

『当機はセキュリティのため2階に必ず止まります』

こんな掲示がありました。宿泊者以外は客室に入るなってコトなんでしょう。
ま、どーせ吉田とホテルに戻ってくる時間にはフロントには
誰もいないだろうな~と高を括っていましたが、これが誤算でして…。


で、タクシーを停め目的地を告げると場所がわからないとのコト…。
でも、お店の電話番号と一緒に住所も携帯に登録しておいたので
本日2度目のラッキー♪う~ん、幸先が良いな~♪




ホテルからタクシーで5分とかからないでお店には着きました。
ホームページで見た通りのなかなか良い雰囲気のお店♪
先に席に着いて、吉田を待ってると少し遅れて彼が現れました♪

『ゴメンゴメン、待った??』
『ぜんぜん♪』

料理を注文してビールで乾杯をします。

『お誕生日おめでとう』
『ありがとうございます♪』
『いくつになったっけ??○歳??』
『そそそ』
『娘と同じ干支だもんな~』
『だからどこか似てるでしょ??』
『だねー』

デートは3ヶ月ぶりだったのでお互いの近況を報告し合いました。
杏の話しに時に笑い、時に頷き、終始笑いっぱなしの吉田でした。
もちろん一番真剣に聞いていたのは9月のバリ島旅行の話しで

『杏ちゃんからバリ島の話しを聞いたあと、いろいろ調べたんだけど』
『行ってみたくなったでしょ??』
『うん。飛行機の時間とか値段とか見たけど俺としては好都合だった』
『いつも海外に行ったら何してるの??』
『ひたすら寝てる。部屋とかビーチとかプールサイドで寝てるの』
『杏達はとにかく歩いて観光するんだよね~…』
『バリ島だったら偶然を装って一緒に行けそうだよね??』
『あら、奇遇ですね。どちらまで?あら~一緒ですね~ってな具合で??』
『そそそ。そうすればカミサンも「この人はバリ島に詳しい人だな」って安心すると思う』

ここでは何度も書いていますが、口約束だけなら何度も海外に行っています。
でも今回のように吉田から、しかもまだ酒もそんなに入っていない状態で
こんな話しをされたのは初めてでした。


もしも、本当に誘われたら…
もしかしたら一人ででも行ってしまうかも…
でも吉田の奥さんだけには会いたくないし…。


でもね、嬉しかったんです。
杏と一緒に旅行に行くことを少しでも考えててくれたんだなって。
いつも口約束ばかりだったけど、そんなことまで考えてたなんて…。




ちょっとだけ、目が潤んだのに
吉田は気づいていなかったでしょう。




まだまだ続くよん♪


新幹線にて

2008 - 11/03 [Mon] - 09:57

杏は、東京や彼の街に行くときには必ず新幹線を使います。
各駅停車駅の列車より、停車駅が少なくて早く着く
全席指定の列車に乗るようにしています。

なのになぜか
ほぼ8割の確率で私の指定席には知らない人が座っています。
それはいまに始まったことでなく、20年近く前の修学旅行の時もそうでした。

ったく…、団体専用車両だったのに、優雅にビールなんて飲みおって!


で、今回もまた私の指定席は見知らぬ人に占拠されていました。
お年寄りなら切符の見間違えってコトがありますが、そこには杏より若い女の子2人組。

『すみません、ここの席なんですが』
『え~!?さっき車掌さんに見せたのに何も言われませんでしたけどぉ~』
『あら、ヘンですね。私の切符も●号車●番A席なんですけど』
『え~、そんなこと…』

ものすごく不機嫌そうに自分達の切符を出します。
そして私と彼女達の切符を見比べると…

『あ~これは、お隣の車両ですね』

彼女達はスミマセンと一言言い言い訳をしながら隣の車両に逃げるように去っていきました。
私と同じく彼女達に席を占拠されていた、B席に座るはずだった女性も居ましたが
席が間違ってることを彼女達には言えず、杏とのやりとりを後ろで見ていました。





ってコトで、前置きが長くなりましたが、出張デートの始まりです!

続きを読む »

 | HOME | 

カレンダー

10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

プロフィール

杏々

Author:杏々
杏々:酒飲みの四十路妻
吉田:闘病中の還暦男
    独身時代の交際相手
    腐れ縁も12年目

仕事で知り合い18年目に突入
遠距離・婚外恋愛懲りずに継続中

リンク

内緒話はこちらから♪

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

携帯からチェック♪

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。