FC2ブログ

60代彼との年の差・遠距離・婚外恋愛の喜怒哀楽日記です。 婚外恋愛にご理解頂けない方はご遠慮下さい。

  東京日記のナビゲーター   トップページ > 2007年04月  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真夜中

2007 - 04/29 [Sun] - 03:40

皆様こんばんは。
今日は飲みでした。
いま、私の住む街の市営火葬場の前を通過中です。
繁華街から友達と喋りながらガンガン歩いて
途中でバイバイしてから一人で歩いてますが、火葬場&お寺の近くは怖いです。
しかも膀胱がパンパンで、トイレにも行きたいです。

誰か、助けて!

スポンサーサイト

ふん

2007 - 04/27 [Fri] - 17:24

金曜日に職場に来るっていってたのに来れないそうです
でも今週は会えた日があったしメールもあったし電話もあったし
まぁ、ヨシとしましょう。

でも今日の電話の声がちょっとお疲れ気味だったのが心配だな…。
いまが一番忙しい時期だし病気も見つかりつつあるから、あまり無理しないでね。

本当は今日、職場に着た時に次のデートの約束をしたかった。
でも彼は自分の病気と仕事のことで頭がイッパイなんだろうな…。






続きを読む »

返事

2007 - 04/26 [Thu] - 17:25

最近、携帯へ送ったメールの返事が遅い彼。
遅いと言っても翌日にはちゃんと返事くれるので、まぁ合格でしょう。

この前、仕事で解らない事があり…
解らない事というより一応確認しようと思って
彼にメールを送りました。

朝イチで送ったのに午後になっても返事は着ません。

夕方になっても返事は着ません。

お返事くれなきゃ仕事が滞るのに!!
たぶん彼としては
『杏ちゃんは、何をいまさらこんなコトを聞いてきるんだ??』
とでも思っているのでしょうか??


で、中一日あけて返事が着ました。

『返事遅れてゴメンね●●の件は正解今週中に資料は出来なくても金曜日に寄ってみるよ


わーい♪願いが叶っちゃった♪

何をしに来ようと、彼が職場に来てくれるなら
返事が遅いのだって許しちゃう

彼のお顔を見てお話しが出来れば気分は最高!!




連休中はこっちでお仕事なら、1日くらいはデートしたいな



病気

2007 - 04/25 [Wed] - 17:23

『杏ちゃん!!いますぐ病室まで迎えにきて!!今すぐ!!○○病院まで送って欲しいの!!』

と、入院中の友達からただならぬ様子で電話が入りました。

実はこの友達と杏彼は出身地が同じなんです。

『○○病院って何処??』
『○○インターから降りて●号線を南に走って10分くらい』
『わかりやすい??』
『う~ん、ネットで地図出してみて』

パソコンの画面を、吐息を感じる距離で一緒に見ました。

『ほら、ここ』
『微妙にわかり辛いですね…』
『う~ん、ちょっとねー。今からこっち出たら1時間で着くと思うよ、早く行ってあげて』
『追い出すようでスミマセン』

その土地で生まれた友達を連れて行くのに
わざわざ彼から道を聞かなくてもいいとは思いましたが
1分でも1秒でも彼と一緒に居たかったから…。

友情より愛情を取ったワケですね。






急いで友達の病室に向かうと号泣の友達がいました。
お父さんが倒れて意識が無くなり、人工呼吸器を着けているけど
あと1時間くらいで器械を外すから、どうしても会いたい!!
ってコトでした。

急いで主治医の先生に話しをつけ、彼女を車に乗せ出発です。

夕方のラッシュ時のせいか高速に入るまで時間がかかりました。
目的地まで100?、時速120?で飛ばせば1時間かからないで着くかも!!

友達は病気のせいで車の振動も身体に響きます。
でも彼女もそれを我慢しているんだから
私もオービスとシルバーのクラウン(警察が覆面パト用に大量購入した情報をキャッチ済み)に注意しながら車を飛ばします。

そして彼から教えられた通りの道を通り目的の病院まで着きましたが…
玄関前に着いたと同時に友達の携帯が鳴りました。

それは悲しい知らせでした。



帰りの車の中で友達は
自分がもっと健康ならお父さんに最期まで付いててあげたのに…。
自分の身体の事でお父さんに心配ばかりかけてしまった。
自分のせいでお父さんが病気になってしまった。
と自分を責めてばかりでした。


人の死、特に両親の死は本当に辛いです。
私は慰めの言葉も思いつかず、ただ彼女を泣かせていました。


もしも彼になにかあったら
私以上にご家族はもっと辛いんだろうな…。
しょせん日陰の身、心配するのは家族のお役目。
私と一緒にいる時は、病気のコトには触れず楽しい時間を作ってあげればいいのかな…。

そんなふうに思えました。





次の日彼から
『昨日はちゃんと着いた?
とメールが着ました。
『1時間かからないで着いたけど間に合いませんでした帰りは貴方が道を教えてくれなかったから、迷子になりかけました
『1時間かからなかった??スピード狂??
『はい


どこまでも不謹慎な私達…。

とりあえず

2007 - 04/24 [Tue] - 16:23

本当に皆様にはご心配をおかけしました
温かいコメントばかりで、読んでて本当に励まされました。
彼の事となるとオロオロしちゃうこんな私ですが
これからも末永くお付き合い下さい



昨日、彼が職場に来ていろいろと話しができました。

ペットでの検査の後、CT撮ったりエコーで診たり
血液検査をしたり、いろいろな検査をした結果
やはり専門医での細胞検査が必要になったそうです。

彼はその箇所の病気にはとても詳しくいろいろ教えてもらいました。
それもそのはず、彼の息子さんも同じ箇所の病気で
子供の頃発病し、成人するまで生きられないかも、と宣告されていました。

『息子もそこが悪いから、俺が悪くなってもおかしくないかなって』

なるほど、その通りです。

息子さんは二十歳を越えたいまでもお元気なんですが
昨日の話しによりますと、5年前にその箇所の癌で手術をしたそうです。
5年前といいますと…このころは彼と付き合ってませんでした。

『5年経った今でも生きてるから、そんなに恐くない箇所でしょ?』

そりゃそうです。杏父の癌は5年生存率60%でしたから…。

『俺いま5○歳でしょ、60まで生きれればいいかなって。杏ちゃんのお父さんは何歳で亡くなったっけ??』
『60でした。でもダメ!!60はまだ早すぎる!!』
『そうだね。じゃあ70は?せめて70歳までは生きたいね』
『そーね…。でも貴方は大丈夫、長生きするから』
『俺さあ、この歳になるまでけっこう遊んだ方でしょ??』
『うん、遊んだね~』
『いい思いもいっぱいしたしさ』
『したした』
『もう思い残すことは無いかなって。いい人生でしたって感じで』
『でした…って』
『あはは、まだ終わってないか!!』
『でも、貴方は大丈夫よ。うん大丈夫』
『うん。俺もそう思う』


『もしも貴方が死んだなら、すぐではないけど迎えに来て。
 10年位経って、私がお婆ちゃんになる前に迎えに来て。
 貴方のいない人生なんて考えられないから』

この言葉はさすがに言えませんでした(職場でしたので)。





そんな会話の最中に私の携帯が鳴りました。
入院中の友達からの電話で泣きながら
『杏ちゃん!!いますぐ病室まで迎えにきて!!今すぐ!!○○病院まで送って欲しいの!!』と。

尋常ではない友達の声が携帯から漏れてたのか
『どうしたの??なにかあったの??すぐに行ってあげなさい』
と彼も言ってくれたので、着替えもせずに友達の病室に向かうのでありました。



続きは明日。






2007 - 04/22 [Sun] - 15:21

彼から悲しいメールが届いた金曜日の星占い。

 大切な人と絆が強まる日。
 重要な話は今日がベスト。


大切な人…彼
重要な話…今後のこと

朝からこんな解釈をして、彼からの返事を待ってたら…。

本日は彼と私のやりとりを一挙大公開しましょ。


『会議が休会の件は了解しましたところが私の身体に異常がみつかりまして、その日は検査となりました。はしばらくお預けですね

『え何かあったんですかまさか入院の必要なんてないでしょうね??は回復したら必ず行きましょうね

『この前、何の気なしに受けたペットで○○に異常が見つかって来週細胞検査をうけることになりました。●●(お仕事)も早めにお願いすることになるかもしれないよ。検査結果が判り次第連絡するよ

『●●の件はお任せ下さいこの際、しっかり治して必ず回復して下さいねお大事になさって下さい』

『月曜日そっちに寄ってみるよ

『お待ちしてます



ホントは泣きながら電話をしたり
もっと公用ではなく、二人きりの時みたいな言葉で
メールを送れたらいいのでしょうけど
それはお互いの時間、場所、立場が許してくれません。

ただ、
彼からの『』の絵文字で私の気持ちが治まり
私からの『』の絵文字で私の想いは伝わったことでしょう。


限られた言葉で私なりに想いを伝えれた…。
彼も私を心配させないようにしている。


彼はたぶん、病気をしたことで肉体的にも精神的にも
セックスをする気がなくなってしまうのではないか、
そしてそれを理由に私が彼から離れていくのではないかと考えているはず。
以前、杏の父がいつまでしてたか聞かれたことがあった。
(んなコトは勿論知るわけ無い)

もしも自分が彼の立場だったら??
彼がいてくれた方が励みにもなるから
やっぱり彼にいて欲しい。

たとえセックスの無い関係でも
貴方の彼女という立場だけで十分満足です。


だから、心配しないで…。

ついに…

2007 - 04/21 [Sat] - 14:44

皆様、お元気ですか??私は元気がありません。

実は昨夜、彼からメールが着ました。

来週の会議が休会になったので、代わりにデートの予定でした。
ところが…


50代以降の方とお付き合いの皆様、こんな時はどうしますか??



PET検査ってご存知でしょうか??(詳しくはウィキで)これで異常がみつかったそうです。

このPETを使った診断については賛否両論で
発見されにくい腫瘍も多く、業界では『あまり正確ではない』機器だそうです。
でも彼はこの検査でひっかかったんです…。

この検査で見つかる病気って…。




杏の父は、いまの彼の年齢の時に癌が見つかり
それから5年以上の闘病しましたが、数年前に亡くなりました。


これ以上、自分の愛する人になにかあったら…辛すぎます。




で、PET検査の結果を受け、デートの予定日はさらに詳しい検査をするそうです。

つまりデートは無しです。
デートが無しになるのは構いません。
彼の身体が一番ですから。

考えてみても、悪いコトしか頭を巡らず
涙が出そうになるのを何度も堪えて…
でもボーっと考えてしまって、また涙を堪えての繰り返し。

今後の私と彼の関係までも、思わず考えてしまいました。
彼が私と付き合っていくことが負担になるなら…
彼が私と付き合っていくことが励みになるなら…
彼から言われるよりも、いっそ自分から言ってしまった方が楽かも。



とにかく不安で不安で、唯一私達の事情を知る友達にメールで聞いてみました。
この友達は看護師で、東京に住んでた時は大学病院のICU(集中治療室)やらCCU(心臓の集中治療室)やら救急科やらを渡り歩いた人で
都会の生活に疲れて帰省してからは終末期医療に携わっています。

『大変だー

返事はありません。
彼女の場合はいつものコトだし
夜も遅かったので寝ているかもしれません。

『今から夜勤でいま起きたよ頑張れー

話しも聞かずに『頑張れー』とは…さすが杏友。

『ダーリンがペットで異常が見つかって、来週細胞検査なんだって。ペットで見つかる病気ってさぁ…。そんなのイヤだぁ

『性能が良すぎてどーでもいいシコリとかも見つかるからねー。まだ大丈夫だと思うよ。そこの箇所で悪性だと○○医院に紹介になるから大丈夫だと思うよ』

『ありがとう不安で不安で泣きそうだったよ

『心配なら○○医院に行った方がいいよ。いまから勤務だからじゃあねー』

さすが医療の現場でもかなりへヴィーな科を巡ってきた人です。
お陰で少しは落ち着きました。


彼は来週の月曜日に杏の職場に来てくれるそうです。

顔を見た時、泣かないようにしなきゃ…。



返事

2007 - 04/20 [Fri] - 16:24

今月のデートは
我が社の会議の有無で決まる事になっていました。

会議の予定日は、ちょうど彼がこちらの街へ出張中。

『○日の会議はあるの?』
『私的にはやりたくないです…』
『じゃあ無しね』
『おエライさん方に聞いてみますね。とくに議案もなければ休会ってコトで…』
『じゃあ会議が無かったら飲みに行こうね』
『あ、じゃあ無しの方向へ持って行きます』


で、私の『会議やりたくないオーラ』が役員の皆様に伝わったのか
会議はみごとに休会になったワケです。
で、早速彼にその事を伝えるためにメールを送りました。

『○日開催予定の会議は休会となりました。休会のお知らせは一応郵送しておきます。ラッキー

でも、返事が着ません。電話も着ません。土日になっちゃいます。

『じゃあ○日は飲みに行こうね
とか
『了解
とか何でもいいので何か一言欲しいのですが…。

『会議が無し=デート』の予定だったから
彼は特に返事は送らなくてもいいと思っているのでしょうか??


とりあえず連絡乞う!!


タオル

2007 - 04/19 [Thu] - 17:26

昔の私は
お風呂上りはバスタオルを2枚使っていました。
1枚は身体用、もう1枚は髪用。
しかも1回使ったら即洗濯。
洗濯する方は大変だったことでしょう。
(ママリンありがちょ♪)

独りで暮らしはじめると、当然洗濯も自分で。
2,3日おきに洗濯をしないとバスタオルが
足りなくなるのでマメに洗濯をしていたけど
ある日突然、それが面倒になった。

お陰でいまは普通サイズのタオル1枚あれば
温泉にだって行けるようになりました


数少ない、杏の街での逢瀬の時…。
ビジネス割引のおかげで、いつもシングルルーム。
当然タオルも1セット。
1枚しかないバスタオルは当然彼が使う。

で、彼の逢瀬の時…。
彼の街に泊まる時はダブルルームを予約しているので
タオルも各2枚付いている。
彼は、逢瀬前のシャワーでバスタオルを1枚使い
帰る前のシャワーで新しいバスタオルをもう1枚使う。

私のバスタオルは??

まぁ、それを見越して私も普通サイズのタオルだけしか使わないんですけど。


洗濯が面倒になったのと
いろんな温泉を巡ってきたお陰で
タオル1本で身体も洗って髪も洗って
身体も拭ける女になりました

逢瀬の時にこんなのが活かせるなんて…。


さすがワタシ

床入前

2007 - 04/18 [Wed] - 17:24

部屋にはいると荷物を置きコートを掛け
微妙な距離を開けて並んでベッドに座る。

テレビを点け『ふ~…』と軽いため息をつき
他愛無い会話がはじまる。

『今日の料理どうだった?』
『うん、○○が美味しかった』
『お酒も美味しかったね』
『私も日本酒が飲めればね…』

『このタレントさん、誰??』
『お笑いの人じゃない??あんまりテレビ見ないから解らない』
『俺、あの番組好きなんだけど見てる??』
『妹が好きでDVD持ってるけど、いまいち…』

『この部屋、広いね。いくらだった』
『1万よ。安いでしょ??』
『へ~。広いし安いし廊下の声も聞こえない』
『いいホテルよね』



そして


彼が両手を広げて『おいで』と言う。
彼の胸に飛び込み痛いくらいの抱擁と接吻。
彼の手が私の乳房の大きさを確かめるかのように
服の上から、指を広げて全体を包み込む。

我慢できなくなったのか
今度は服の中に手を入れ直で胸を揉み始める。




-------------------------------------------

い、いや~
別に最近、逢瀬があったワケじゃないんですが
何度かこんな感じで、お互いに照れがあるのか
どーでもいい話しをしてからの逢瀬が多いのが面白いな~と。

なにせ復活愛カップルだし
職場ではお互いにマジメに仕事をしてるので
いざとなると照れちゃうんですネ
それがどーでもいい会話となって出ているのであります。

これがラブホだったら、とりあえす部屋中探検して
照明で遊んで、エロチャンネル観ながら
『んなコト、ありえね~!!』
と大爆笑でもするのでしょうけど…。


あ~、ラブホいいね~行きたいわぁ
ここ何年って行ってないから行きたいなぁ…。

今度こそ提案しよう

過去

2007 - 04/16 [Mon] - 15:47

昨夜、何気に机の引き出しを開けたら
数年前の手帳が出てきました。

その手帳にはプチ日記を綴っていたので読んでみると
どーやら彼とは音信不通でかなり凹んでいた時で
新しい恋の予感と彼との間で揺れていた時期のものでした。

自分の身に起きた事で、もう何年も前のことなのに
読んでいると涙が溢れてきました。

『メールを送っても返事が来ない』

『職場にも連絡が来ない』

『コールバックが無い』

『もしかして入院してるのか?』

『ここまで連絡がとれないのは絶対入院だ!!』

『きっと今日退院だよ。だって大安だもん』



まるで自分を慰めるかのように
彼が入院してるって決め付けてる私。
この頃は2ヶ月近く音信不通だったようで
毎日毎日『今日も連絡が無い』の言葉が並んでいました。

そして年が明けて年始のメールを送った時に
やっと返事が着たようで、そこには
『なかなか時間がとれなくてゴメンね
と書いてありました。

しかも体調は相変わらず良くないけど
入院はしていなかったことも判りプチ日記には
『なんで?』の言葉が並んでいました。


それでもさらに1ヶ月以上逢えなくて
彼の誕生日に送った『おたおめメール』
そのころは、実は新しい恋が始まりつつあった時で
彼に送ったメールも
『お誕生日おめでとうございますくれぐれもお体にはお気をつけ下さい
なーんて彼に送るにはちょと冷たいメールを送っていたようです。


そして、彼の誕生日の数日後、新しい恋が始まりました。

が…

ここでも未練タラタラの私がいます。
恋が始まった数日後、3ヶ月振りに彼が職場に現れました。
その時の心境を
『○○さん(新彼)に傾いた私の心を引き戻すかの様に現れた』
と記してありました。


手帳に書いたプチ日記は途中で終わっていました。
父が入院してしまい、日記どころではなかったようです。



そして…
思い出した彼の言葉、復活する時に彼が私に言った言葉。

『もっと一緒にいたかったし、いろいろしてあげたかった。でも(気持ち的に)出来なかった』

だからあえて私と数ヶ月も顔も合わせず
必要最低限の連絡しか取らなかったのでしょう。


じゃあ、もしも新しい恋に走らず
ずっと、ずっと彼を待ち続けていたら…?




人生、何が起こるか分かりません…。

2007 - 04/13 [Fri] - 17:48

昨日、彼が私の職場に来た時の
1割しかしなかった仕事の会話。

『○○の進み具合はどうですか??』
『まだ資料が揃ってませんので』
『だよね、まだ12日だもんね』
『今月中に終わらせたいですね』
『だね。ここのは簡単だから5月の1日2日あたりを目処に』
『かしこまりました』

以前、彼が言ってたけど

『俺のお客さんのなかで、杏ちゃんの会社に来る回数っていうのは多いほうだよ。ほとんどが年に1回、請求書持ってく時だけ。あとは事務所のコ達にまかせてる。杏ちゃんの会社なんて最低でも月に2~3回は着てるでしょ?やっぱりそれってさ、杏ちゃんの顔でも見てくかなって思うからなんだよね』

ってコトは
昨日来たのも、私の顔を見に来たってことでいいんですね??

やっぱり愛の力で念が通じたんだわ♪


ホントに彼は神出鬼没です。
地元にいるのか杏の街にいるのか…
中間地点で仕事をしているのか港街に行ってるのか。
今週はヒマって言ってるわりには
結局こっちに来てたり…。

まさか、私の顔を見にくるだけのために
新幹線または車をすっ飛ばして来てくれたのかな??

だったら嬉しいな

もしも私と同じ気持ちでいるなら
たぶん彼は私をギュって抱き締めたいはず。
私はいまはただ、彼から強く抱き締めて欲しいだけだから。

昔、久しぶりの逢瀬の時にギュって抱かれたまま
言葉も無くしばらく二人共動かなかった時のように
強く強く抱き締めて欲しい


のであります…なんだか照れちゃうワ。

2007 - 04/12 [Thu] - 17:31

逢いたくて、逢いたくて、寝る前に彼の顔を思い出し
念をこめてメッセージを送ってみる。

『杏ちゃん、逢いたいよ…』

もちろんそんな能力なんて持ってるはずもなく
メッセージだって届くはずもない。


朝、出勤して、先日の大掃除で出てきた
彼の写真を見てニヤニヤする。
そして指で顔をなぞりながらまた念をこめる。

『逢いに来て…』






夕方、適当に仕事も済ませ昨日のコメントにお返事を書き
特にエントリに上げるような良い事も無かったので
今日は早めの帰宅を決め込んで帰り支度をはじめようかな…


って時にドアをノックする音。




はい、その通り。


彼が来ました


皮膚科から処方されたお薬が効いたせいで
最近お肌の調子も絶好調♪
テレパシーが通じた時のことも考えて
お化粧もちゃんとして髪も整えていました。


久しぶりに会えたので
相変わらず仕事の話し1割、プライベートな話し9割。
部署に居たのが私だけだったので
彼もリラックスした姿勢で私の座っている方に体を向け
お互いにニコニコ&ニヤニヤしながらお話ししちゃいました。


もちろんデートの約束もしました




ん??
彼ったら今日ここに来た時に
『手ぶらで来ました』って言ってたよな…。
誕生日もクリスマスもホワイトデーも何も貰ってないの気付いちゃった??

この前の電話が素っ気無くって物足りないのに気付いて
今日、来てくれたのかな??


もしかしてこのブログ、バレた??

なーんてね♪




そしたら何か一言残してくり!!

2007 - 04/11 [Wed] - 17:44

春ですね、桜の季節ですね
私の街でもようやく開花したそうです。

いつもなら
『花見しませんか?とお誘いメールでも送るところですが
今回はちょっと意地を張ってみようかな…と。

だって最近のデートのお誘いはほとんど私からなので
たまには誘ってもらいたいな~と思いまして。

私ばっかり『会いたい病』になってるような気がして。


昨日の電話だって色っぽい話しも無く
中途半端で終わった感がして、ちょっとブルー。






春なのに、心は全然ウキウキじゃないし
仕事ははかどらないし、月姫だし…
ブルーの原因はこれかな??

ってコトにしておこう。


いいけどさ…

2007 - 04/10 [Tue] - 17:53

さきほど彼に仕事の件でメールをしました。

送信してすぐ電話が鳴りました。
このタイミングは彼からだろうと思ったら
やっぱり彼からでした。


最近彼は、老眼が進んできたらしく
携帯を見る時は、顔からかなり離して見ています。
読むのに一苦労するので、最近の返事は電話が多いです。


電話の向こうでは、オフィスの電話の鳴る音がしていたので
自分の事務所か仕事先からかけてきたのでしょう。

なので…

微妙なニュアンスで伝わる甘い会話も無し
当然、デートの約束も無し。


なんかなー…。


1週間ぶりの会話にしては、面白くないなぁ…。






まぁ、いいや。

彼としては用件の返事はしたから、それでいいと思ってるのかな??


男なんて女ほど『前はいつ会った』『お話しするのは何日振り』とか気にしない生き物なのよね…。


物足りないけど…。






好きよ。

待ってました!!

2007 - 04/09 [Mon] - 16:17


ハンニバル・ライジング 上巻 ハンニバル・ライジング 上巻
トマス・ハリス (2007/03)
新潮社 この商品の詳細を見る
ハンニバル・ライジング 下巻 (3) ハンニバル・ライジング 下巻
トマス・ハリス (2007/03)
新潮社 この商品の詳細を見る


レクター博士ファンの皆様、お待たせしました。
『羊たちの沈黙』『ハンニバル』『レッド・ドラゴン』でお馴染みの
ハンニバル・レクター博士の『エピソード1』
『ハンニバル・ライジング』がまもなく公開されます。

映画の原作本を読むのが大好きな私は、早速この2冊を買い、週末の空いた時間で上巻は読み終わりました。
は~…、あのような体験をしたからあのような人格になったんでしょうね…。
(おっと、公式ホームページからは美しいピアノの音が聞こえてきます)

だいぶ前に誕生の秘話が映画化されることは知っていましたが
たしかその当時のタイトルは『ビハインド・ザ・マスク』だったと記憶しておりました。
で、何の仮面なんだろうな…と思ったら。
今回は日本の物が多く出てきますが、おそらく私達からすれば
『んなコトしないよ!!』『んなもん無いよ!!』と突っ込みを入れたくなると思いますが、それはさて置いて…。



さて、なぜ私が寝る時間を惜しんでまで原作本を読んでいるかといいますと
彼が、レクターシリーズが大好きなんです。


まだ付き合う前のことですが酒の席で映画の話になり
彼は『羊たちの沈黙』について熱く語っていました。
私はちょうどそのころ、次作の『ハンニバル』の原作を読んでいて

『あの映画(羊)には絶対に後編があると思う。映画の終わり方が続きがありそうな終わり方だ。でも映画が公開されてから何年も経ってるのにまだ出来てないのはきっと凄い映画だからだ!!』
『あ、あれ続きありますよ『ハンニバル』って。いま原作読んでるんで…』

『どーゆう内容!?』

『えーっとねぇ、レクターの昔の被害者が大富豪で、レクターを捜させるの。でも別人になってるから見つからなくてー』

『で??』

『まだ読んでる途中ですよ~』
『じゃあ、全部読んだら教えてね』

ってな具合で、それから飲みに行くと3回に2回は
『ハンニバルはどうなったの??』
と聞いてきました。

『羊たちの沈黙』から10年後に『ハンニバル』は劇場公開されましたが
それでも彼は映画と原作との違いについて、私から聞くのが大好きでした。
『映画ではこうだけど、原作ではこうなってて…』
『ラストも原作とは違うんだよ。原作の方が色っぽい』

『色っぽいって?』
『レクターは何だかんだいってクラリスが好きでしょ?もしも愛する人と知らない土地へ逃避行ができるなら素敵だと思わない?』
『…なるほどね、素敵ですね』

こんな会話をする私達も色っぽいでしょ??

彼も、愛する人と自分達のことなんて誰も知らないような土地で
二人だけでの生活…想像してくれたかしら??

ってなワケで劇場公開される今月の21日までには読破しなきゃ

予定

2007 - 04/07 [Sat] - 12:20

この前、彼が職場に来た時に
4・5月のおおまかな予定を教えてくれました。

いままでは自分の予定を教えてくれる事はなかったし
音信不通になると海外に行ってたりだったけど
秘め始めデートの時にちょこっと怒ったから
ちゃんと教えてくれるようになりました

それによると4月の前半はヒマなんですって…。
(いまごろはヒマなんだろうな)
月姫もまだ来ないから、本当は今日あたり
彼の街に行きたかったけど
今週、来週と私の方が空いてません

入れ替わるように、月の後半からは
彼が多忙になるようです。

でもね…
どーやら2週間ほど仕事で杏の街に居っぱなしらしいんです!!
新幹線通勤になるかもしれませんが
私の予想では週の半分は帰って、半分はこっちだと思うんです。

『○日から○日までずっとこっちだから』

これって『○日から○日ならいつでもいいよ』って事ですよね??
お陰様でこの期間なら月姫も終わってるでしょう

忙しい彼だから早めにアポとらなきゃ
こっちのお客さんと飲みに行っちゃう!!

週明けに早速連絡しなきゃ


筋肉

2007 - 04/05 [Thu] - 15:16

Basic Training Bootcamp ビリーズブートキャンプ

この商品の詳細を見る



これ、凄いです
エクセサイズ開始から10分で汗だくです。
三十路を越えている私ですら、数時間後には筋肉痛が出てきました。


まだ始めてから3日目ですが、普段から特に運動をしていない私でさえ
1日目で胴の脂肪が1枚減った感じがして
2日目で腹筋に硬さが出てきて
3日目で、売店のおばちゃんとヤク○トのおばちゃんに
『少し痩せた??』と言われました

ただしコレ、本当にキツイです。
日ごろから自転車通勤ほどの運動しかしていない私は
こんな体勢もとれない程、脂肪が付いているのか…と凹むこともしばしば。
横に置いてある鏡に写る姿はコントそのもの…。
足なんてあんなに上がりません…。

短期間で脂肪を燃焼させ、筋肉を付けるには
付属の『ビリーバンド』は必要不可欠のようです。
バンドを付けてのエクセサイズの楽しいことったら♪
『くわ~っ!!』『ぅおー!!』『ぬぉぉぉ!!』
などヘンなうめき声を上げながらバンドと格闘しております。

昨夜なんて、我が家の猫が
『ちょっと、何ヘンな事してんのさ!!うるさいじゃないの!!』
と言ってるかの如くニャンニャン鳴きながら私の周りをウロウロしてました
(あ、ネコって喋りますよね??ホントにこんな風に言ってるように聞こえたんです)


いまのところデートの予定は入ってませんが
たぶん月末あたり会えると思います。
それまでに、彼の口から
『杏ちゃん、痩せた??』と言われるように
頑張ってエクセサイズするわよ~!!


春なので

2007 - 04/04 [Wed] - 17:28

春なので職場のプチ大掃除をしました。
(単にこれからの多忙さ考えたら現実逃避したくなっただけなんだけど…)

さすが『よろず取扱所』と言われている私の部署、
何でも置いてあります。
軍手、花器、日本酒、この程度ならまだ驚きませんが
『まさか○○なんて持ってないよね…??』と聞かれる様な物は何故か置いてあるのが杏の部署なのです。


で、整理整頓に困るのが写真とネガなんです。
捨てるわけにもいかないし、まとめづらいし。
時として写真は、企業にとっては福利厚生の証拠になるので
保存しておかなければなりません。

そんな理由でいままで整理もせずに貯めてた写真が出るわ出るわ…。
10年以上前の写真も出てきました。
数年前に定年退職したお局も、整理していなかったようです。


そして出てきました、彼が写っている写真が!!
日付は1998年の12月です。
彼と一緒に仕事をし始めた頃で、まだ個人的なお付き合いが始まる前の写真です。

『わか~い!!』

写真の中の40代半ばの彼は、髪が黒々としてて
いまよりかなり量も多いです。
お肌にも艶があって、いまより少し痩せてるかな??
いま見ても素敵だしカッコいいです


でも、この頃の私は彼の事が大嫌いでした。
本人にも言ってありますが、
酔えば私の乳を触ってくるし
『やらせて』しか言わないし
あげく私の膝枕で寝るし…。

一番ハラが立ったのは
例によって酔った勢いで私の胸をモミモミしてきたので
『乳房は感じないんですよとやんわり拒否したら
『じゃあココだ』と言って私の服の中に手を入れ
生乳首をサワサワしてきた時です
あの時はハラ立つったら恥ずかしいやら気持ちイイやら
抵抗すらできませでした

まぁ、この事件の数ヵ月後に結ばれちゃうんですけど…



そんな昔のコトを思い出し、新鮮な気持ちになる春の日なのでした




ありえない

2007 - 04/03 [Tue] - 15:04

20070403142455.jpg


彼の好きな歌手のCDを何度も聞いてみる。
iPodにおとし、通勤中も聞いてみる。
職場で一人になった時にパソコンで聞いてみる。
カラオケで完璧に歌えるように何度も何度も聞いてみる。

昔はこんな事は絶対にしなかった。

歴代の彼氏達が、誰の歌を好きであろうと
自分が好きにならなきゃ、CDすら聞かない。
逆に意識して聞かないようにしていた。
しかも自分の好きな歌は無理やり聞かせる。

わがままですな…。


唯一、彼も大好きで私も歌えての歌手がいる。
子供の頃は、歌の暗さとオールナイトニッポンのDJっぷりのギャップの激しさに驚いていた。
小学生で彼女のコンサートに行った時は、ステージにカップ麺が投げ込まれる様を見て、かなりのカルチャーショックを受けた。

人生で一番記憶力の良い時に聞いていた歌は
三十路を越えた今でもちゃんと覚えている。
カラオケで、彼からのリクエストに応えられると
とても嬉しい。

『杏ちゃん、なんでこんな昔の歌まで知ってるの』
『小学生の頃から聞いてたから♪』
『俺よりも詳しいんじゃない??』
『まさかー!?だって私は追っかけまではしませんよ』
『しかもちょっとだけものまねしてるでしょ??』
『まねして歌わないと歌えないですよ!!』


彼は、自分の好きな歌手の歌を私が歌うともの凄く喜ぶ。

彼の喜ぶ事なら何でもしたい。
彼の好きな歌を上手に歌えるようになりたい。


こんな気持ちになったのは、彼がはじめてかも。


日曜日

2007 - 04/02 [Mon] - 14:42

20070402140905.jpg


久しぶりの夫婦揃っての休日。
遅めの昼食の後始末をする私の傍らで夫はプロ野球観戦。
ご贔屓チームは勝っていたが、昨シーズンまでそのチームにいた『ハマのおっさん』が完全に打ち込まれていた。

女の脳とは器用なもので、野球中継に耳をやりながら
洗い物をして、更に頭の中は彼のことを考えられる。



彼は『俺は家にいる時は主夫』と言ってるほど
家事をこなしているそうだ。
食事の支度、後片付け、掃除、洗濯まで
『カミサンより上手♪』と自負している。

そんな彼の手は冬になると炊事のせいで荒れている。
私も肌が弱いので洗い物の時はゴム手袋が欠かせない。

『ゴム手袋いいよ、おススメ』
『う~ん…俺としては好きじゃない』
『一度、使ってみて。離せなくなるよ』
『そぉ??』
『杏ちゃん、ザラザラしたお手々だといた~い』
『あはははは、わかりました検討します』


彼は家事をする時は必ずエプロンを着けるそうだ。
杏は、家事はエプロンを着けるほど気合いを入れてこなすモノではないと
勝手な思い込みがあるが故に、エプロンが嫌い。
それに、どーも世帯じみてて好きになれない。

エプロンにゴム手袋姿で家事をこなす彼の姿を想像しただけでかなり笑える。
ふだんはあんなにカッコ良くてダンディな彼なのに
家ではエプロン姿だなんて…。
ついでに妄想の中で、三角巾を着けてみた。

笑える…。



『おい』夫の声で我に返る。
『楽しそうだな』
『だってね、西武時代に●子が工藤のコト大好きで
 私は秋山が好きで、その時の事を思い出したらおかしくて』

『あはは●子らしいな。でも旦那は工藤に似てないよな??』
『ぶーちゃんで顔が濃い所は似てるかもよ』
『なるほど、●子好みかもな』
『あなたは秋山には似てないわよね』
『理想と現実って違うっていうでしょ』








あぶねーあぶねー…。

 | HOME | 

カレンダー

03 | 2007/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

プロフィール

杏々

Author:杏々
杏々:酒飲みの四十路妻
吉田:闘病中の還暦男
    独身時代の交際相手
    腐れ縁も12年目

仕事で知り合い18年目に突入
遠距離・婚外恋愛懲りずに継続中

リンク

内緒話はこちらから♪

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

携帯からチェック♪

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。