FC2ブログ

60代彼との年の差・遠距離・婚外恋愛の喜怒哀楽日記です。 婚外恋愛にご理解頂けない方はご遠慮下さい。

  東京日記のナビゲーター   トップページ > 2007年02月  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007 - 02/28 [Wed] - 14:16

彼がいま一番のお気に入りの歌。


千の風になって 千の風になって
秋川雅史 (2006/05/24)
テイチクエンタテインメント
この商品の詳細を見る


紅白で初めて聞いて以来、ハマってるそうです。
この前のデートのカラオケ合戦でも歌っていました。

で、あらためて歌詞を見ると…泣けますね。



歳の差からいうと、彼が先でしょう。

ただでさえ生活習慣病発症寸前だし
あっちの調子が悪い、こっちの調子が悪いと言っている人です。
連絡が取れなくなると
『もしかして…』と心配してしまうくらい
実はいつでもハラハラドキドキしています。





私と彼は十二星座を4つに分けたエレメントが同じ『風』。
だから余計に風へのこだわりがあるんです。




もしも…



もしものことがあった場合…




私はきっと微かな空気の動きだけで
彼のことを思い出すでしょう。


外に出た時に暖かい風に包まれたら
きっと彼を思い出すでしょう。


風が吹くたびにこの歌を思い出し
きっと涙することでしょう。



ずっと、ずっと…。



スポンサーサイト

ショート逢瀬

2007 - 02/27 [Tue] - 14:24

バストアップ機能付きブラで悩殺された彼は
私の胸を激しく揉みながら、もう片方の手を
下半身に伸ばしてきました。

今日はタイツ(20デニール)&色気の無いベージュのショーツだ!!
こんなの彼に見られたらドン引きされちゃう!!


『ダメ。シャワー』
『このままでもいい』
『いーやーだー(あぶねーあぶねー)

交代でシャワーを浴び、先にベッドに入っていた私の元へ
彼が入ってきました。

1ヶ月ぶりの逢瀬です。

前回の逢瀬の時に私が
『月イチは理想だな…』と言ったのを
彼は覚えていてくれたのでしょうか?

私の街では逢瀬は無いものと思っていました。
復縁してから私の街で逢瀬をするのは初めてです。

『杏の感じるとことはここ』ポイントを責めてきます。
『もう一箇所教えてあげる、ココ』と、鎖骨を指差します。
『杏は右側の方が感じるよね』
耳から首筋、鎖骨を重点的に攻められた私は
激しすぎる快感から抜け出そうともがいていますが
彼から押さえつけられて逃げられません。

『杏、すごく感じてるよ』

二人っきりになると呼び捨てにしてくれます。
彼の優しい声で名前を呼ばれると
それだけでジュンとなります。



休憩中、彼は私の手を自分のモノの方へ運びました。
頭の部分に円を描くように動かすと軽い声を上げる彼…。


あ、あれのサンプルがカバンの中にあったはず…。
ベッドから起き上がりカバンの中をゴソゴソ…ありました。

彼のモノへ高い位置からキラキラと垂らすと
その光景を見ながら彼は『お~』と軽く喜んでいます。

モノからサック、戸渡り、そして…アソコへ…
愛撫しながらローションを満遍なく塗ります。

『買ったの?』
『サンプル』

片方の手で彼のモノを下から上へ、先の方で頭を包み込みクルっと1回転。
もう片方の手で彼の下のお口を攻撃です。

ローションでトロトロになった彼のお口はとても滑りやすくなっています。

『いいよ、杏。すごく感じるよ…』
『ここは?』
愛撫する指を少しだけ入れてみます。
『あぁ…いいよ…』
『ダメ、力抜いて…』
『こう?』
『そう、上手』

何度か繰り返していると人差し指が1本入っちゃいました。
指先に当るコリっとしたものは前立腺でしょう。
集中的にここを責めます。
悶える彼と、血流の多くなったモノ…満足です(私が)
何度も何度も悶えながらあげる声を聞き
こちらもジュンとしてきました。

彼を仰向けに寝かせると、今度は上から乗ってみます。
彼を攻めることで十分に潤った壷…、締りも良くなっています。
『おぉ、キツイ…』
『うん、キツイ…』
『杏、見てごらん。壁の杏の影、いやらしいぞ』
『ほんとだ』

狭いシングルルームなのでベッドの横はすぐ壁がありました。
白い壁に映る私の影は肩から腕のライン、胸のラインまで
クッキリ映っていて、とてもいやらしいものでした。



時間はもう深夜の1時を過ぎています。
『もう帰りなさい』と彼から急かされ
シャワーを浴びバスルームで着替えを済ませ
最後に彼のモノにご挨拶をして部屋のドアの前へ…。

おやすみの接吻を済ませ部屋を出ました。




首筋に残る彼の匂いを感じながらの帰宅でした。

恋バナ

2007 - 02/26 [Mon] - 17:22

1軒目のお店で料理代と飲み物代が同じ金額という
神業を成し(つまり、かなりの量を飲んだ)
2軒目のお店に移動しました。

2軒目のお店では
二人ともけっこう酔ってるのに
本気のカラオケ合戦となりました。

二人とも自分の十八番の歌を歌い、採点機能の点数が高い方が勝ち。
(勝っても負けても、特に何もありませんが…)

彼は私よりも点数が高かったり私が途中で声が出なくなると
子供のように喜び
『今日は俺の方が上手かったでしょ?』
と、とても嬉しそうにしていました。



で、彼の大好きな歌が1曲あります。
この歌を聴くと涙が出てくるそうです。
なぜ好きかはいままで話してはくれませんでしたが
やっと教えてくれました。

初恋の人にフラれた時の事を思い出すんですって。

はじめての恋のお相手は年上の女性で
童貞喪失のお相手もこの彼女だったそうです。

もう30年以上前の苦い恋の思い出ですが
いまだに覚えているそうです。

『んな昔のコト、まだ覚えているの?』
『だって~、初めての人だし~』
『もう大昔のコトでしょ!!』
『杏ちゃんだってはじめての人のことくらいは覚えているでしょ?』
『あ~、まぁねー。だからってもう過去の人でしょ~』
『そーだけどー』
『あのね、男の恋の思い出は雪なのよ。どんどん降り積もってくの。
 女の恋の思い出は雨なの。どんどん流れてなくなるの』

『そうかも。忘れられないの…』


詳しい失恋の話しをここに書けないのは残念ですが
1軒目の家族の話しといい、この初恋の話しといい
初めて聞く話しばかりです。
お返しに私の忘れられない人の話しをしてあげましたが
メインは彼の初恋の人の話しばかりでした。


お店を出た彼は
『ホテルまで送って』と…。
『送るだけ?』
『フロントをごまかせたら…』

え、ってコトは部屋に来いってこと??
私の街でのデートだったので当然逢瀬は無いものと思っていました。

『じゃあ1階のトイレでも借りようかな』
『部屋がわかったらメールするね』
『はーい』

想定外です予想外です予定外です!!
ムダ毛の処理はしていません!!
下着は普段使いのベージュです!!

でも、いいや。んなコト関係ないもんね♪

トイレで用を済ませると彼から部屋の番号を伝えるメールが着ました。
なんて返信したか覚えていません…。
しかも送ってすぐ削除したので確認も出来ません…。


部屋に入ると彼はいきなり抱擁&接吻です。
そのままベッドに押し倒し激しく胸を揉みます。

『う~ん、これこれ』

バストアップ機能付きブラのおかげでしょうか
飲んでる最中から触りたかったみたいです…。



ショート逢瀬の始まりです!!



初耳

2007 - 02/24 [Sat] - 10:28

えー、昨日はデートでした。
私の街でのデート=逢瀬無しのデートなので
特に何の準備もしませんでした。

いつもなら待ち合わせの時間の数分前にはお店に来ている彼が
5分経っても10分経っても来ませんでした。
連絡も無く時間に遅れたことはいままでなかった彼が
いつまで待っても来ません。

もしかしたら忙しくて今日の約束、忘れちゃったのかな…

なーんて凹みそうになった時に彼が到着です。
仕事先でなかなか帰してくれなかったそうです。

最近の私達は優秀(?)で、ちゃんと月に1回はデートをしています。
それでも話すことは満載で、仕事以外の話しで大盛り上がりです。



で、何が初耳かといいますと…

彼のご両親と弟さんの話しです。



彼と出会ってからもうすぐ10年ですが
自分の両親の話しやら、子供の頃の話しは
一度も聞いたことがありませんでした。


『俺に腹違いの弟がいるの知ってるよね?』


初耳です。
腹違いってコトは腹の持ち主さん(つまり2号さん)が居ての問題で
つまりはそーゆうコトで…

おかげで彼は幼少の頃から母子家庭状態で
せまい田舎町なので噂はあっと言う間に広がり
子供の頃からそれなりの苦労があったようです。

しかも2号さんは2号さんで別の男性に乗り換えたらしく
『どこかで聞いた話しだね』と二人で大爆笑です。

   い…いやぁ、たしかに私は乗り換えたけど
   彼の子供はいないし、内縁関係でもなかったし…。



いま彼は、お父様ともお母様とも弟さんとも
ちゃんとお付き合いがあるそうです。


複雑な家庭環境なのにそれを私に話してくれました。
決して苦労話やグチではなく
一緒に過ごした覚えの無い父
女手ひとつで自分を育ててくれた母
ある日、突然あらわれた弟
いま自分が3人とどう関わっているか
かなりの葛藤があるはずなのに、自分の置かれている立場を
十分に理解して現実と向き合っている彼。


ますます彼の人間性が好きになりました。




デートの報告はまだまだ続きます

ゴメンね

2007 - 02/23 [Fri] - 16:05

夫がデパートの福引で旅行券を当てた数日後、彼とのデートがありました。

旅行のご招待は一人だけなので、夫だけを行かせるつもりで
旅行日程も決まっていて、本人は行く気マンマンでした。

私は行きたかったけど、行くなら自腹だし
少しの間だけ独身気分を味わうのもいいかな…と思い
留守番の予定でした。

『○月○日から○日まで独身です』
『え、その間は何してるの?』
『好き勝手しています』
『じゃあ飲もうか』
『うん』
『こっち(彼の街)に来る??』
『行く行く!!』
『じゃあ○日ね
『わーい』

当然ながら夫の不在中に彼と遊び放題のつもりでいたわけで…
彼も気兼ねなく私と逢えるので、秘かに楽しみにしていました。



でも、ゴメンね。
旅行に行くことにしたんだ。
だから○日はキャンセルなんだ。


旅行の最終申し込みの前に一応、聞いてみた。
『私も行きたいなぁ…』
『行っておいで』
『いいの?』
『いいけど、●●の書類作ってからね』
『もちろん』

貴方が行っておいでって言ってくれたから行くことにしたの。
もしも『旦那さんと長期の旅行はダメ』って言ったら
仕事の調整がつかないのを理由に、たぶん行かなかったと思う。

旅行に行くことよりも
夫の旅行中にデートの約束をしたのに
それをキャンセルしたことの方が申し訳なくって…。



今度のデートの時に、このことだけは謝らなきゃ…。






あ、でもね、この前ダーリンの予定を聞いたら
1ヶ月先まで身動きがとれないくらい多忙なんだって。

デート予定だった日も、もう予定が入ってるみたい。

煙草

2007 - 02/21 [Wed] - 17:41

最後に煙草を吸ってから1ヶ月が経とうとしています。

このままではお酒も煙草も止められないな…と思っていたのに
案外、簡単に止めることができて驚いています。


もともと常習的に吸ってたのではなく
疲れた時やお酒が入った時に
何本か吸っていただけでした。

でも、ヘビースモーカーの夫と結婚してからは
いつでも煙草が目の前にあったため
気が付いたら吸っていた…って感じでした。



彼は煙草が嫌いです。
特に女性が吸っているのは本当に嫌いのようです。
ほぼ毎日、酒の席にいる彼は
『俺は間接喫煙だけでもかなりの本数』と言っていました。


さて、なぜ今回こんな簡単に煙草を止められたかと言いますと
この時、盛り上がった彼と部下殿は我が主人まで呼び出し
4人で飲むことになりました。私からすれば、精神的3Pです。

部下殿と夫はヘビースモーカーで
彼の前でも煙草を吸っていました。
私が吸いたくて吸いたくて我慢していたのに
二人で美味しそうに煙草を吸っています。

悶々としながら2件目のお店(スナック)に移動すると…
女性ばかりのお客さんで混んでいました。

女性客だけの中に50代のおっさん二人と40代の夫…
居心地が悪そうです。
私は逆に同じ年代の女性ばかりでとても楽でした。


が…



ふと見ると…



そこに居る女性客が…



全員、煙草を吸っていたのです。




『(うわ~、カッコわる~い!!)』


酔っ払った女が騒ぎながら煙草を吸っています。
それがまるで自分の様に思えてしまって…。


ほんの数分前まで吸いたくて我慢してたのに
その時を境にスパっと止めてしまったんですね…。

これで彼に内緒にしているコトが
また一つ減りました




お誘い

2007 - 02/20 [Tue] - 12:14

彼をデートに誘う時に気を付ける事、それは…。

選択肢を与えること。

先月のデートの時に言われました。
彼の街に行くときは、何系の料理が食べたいが食べたいのか
何系のお酒が飲みたいのかをちゃんと教えて欲しいそうです。

たぶん彼の性格上『いつでもいいです』『何でもいいです』
禁句なんでしょう。

『いつでも~』『何でも~』と言われたら
私だったら、じゃあ私のヒマな日に、私の食べたいお店で
と、セッティングするのですが
彼は、これが出来ないようです。


お返しに私からも一言、言わせてもらいました。

『海外に行くときはご一報下さい』

仕事で海外に行くことはありませんが
彼の事務所の慰安旅行や、取引先との付き合いやら
プライベートで、しょっちゅう海外に行っています。

『たまに音信不通になる時ありますよね?』
『そーそー、海外に行ってる時はね』
『ほらね~』
『今度からちゃんと連絡するから』
『お願いしますよ!!』
『はいはい』




と、言いますのも


先ほど彼にお誘いメールを送りました。
日にちを何日かあげて『何日がご都合宜しいですか?』と。
仕事をしている時間帯なのでまだ返事は着ていません。
一応、私もオンナですから、男性をお誘いするのには
いくら彼でもちょっと勇気が必要です。


でも逢いたいから。


なんてお返事が来るかな??

続きを読む »

パーティー

2007 - 02/19 [Mon] - 16:52

先日、カクテルパーティーに行ってきました

チケット代5000円で軽食&カクテル飲み放題…。
魅力的な会でしょ??

残念ながら一緒に行ったのは夫と夫の友達。
一応パーティですからワンピースなんて着て行きました。

会場では市内の有名BARのバーテンさんが自慢のカクテルを振舞っています。

もちろん彼から熱烈告白を受けた思い出のBARのバーテンさんもいました。

何種類ものカクテルから自分好みのを勝手に飲める立食形式の会だったので
『なにを飲もうかな~』と会場内をグルっとまわっていたら
そのバーテンさんと目が合ったので一応挨拶をしに行きました。

『こんばんわ』
『いつもありがとうございます』
『なにかおススメのカクテルはありますか?』
『いや~、もう材料が無くて…』

カクテルパーティなので飲兵衛しかいません。
用意してあったお酒は1時間ほどで飲みつくされたようです。
そりゃ私もこの時点で10杯近くは飲んでいますから…。

『残っている材料で良ければ何かお作りしますが』
『あ、お願いします』
『お好みの味は?』
『…美味しいの』
『かしこましました』

ピーチ、ジン、グレナデンシロップなどをシェイカーに入れ
着ているワンピースに似た色のカクテルの出来上がりです。

『どうぞ…』

杏の左手薬指に目が止まっています

『(あれ?この女性は○○さんといつも来る人だよな)…』

ベテランのバーテンさんくらいだと、カウンターに並んで座るカップルの関係はだいたい解るそうです。
これで私達の仲を確信したのではないでしょうか??




会がお開きになり、私だけ先に家に帰ることにしました。

歩きながら、彼に電話をしたくなった気持ちを抑え
彼と思い出のBARに行った時の事を思い出していました。

彼からもらった嬉しい言葉、愛の告白…。
あのお店に行かなければ、いまの二人の関係は始まらなかったかもしれません。
イイ感じの話しになったときに、そっと私達の前から離れたあのバーテンさん。
彼が私の手を握って離さなかったのを見ないふりをしていたバーテンさん。
何度か二人で行っても席を外して私達だけの世界を作ってくれるバーテンさん。

時間が時間だけに、もう彼は家に帰っているでしょう。
そんな時に電話なんてかけたら彼に迷惑です。
でも声が聞きたい、今日の出来事を話したい。




なーんて考えているうちに、会場から我が家までは徒歩5分だったのであっと言う間に自宅に着いちゃいました。



着ていたワンピースを脱ぎ、下着だけで寝てしまったら
朝からまんまと風邪の初期症状です…。

やべーやべー。


ふん

2007 - 02/17 [Sat] - 14:28

ダーリンのアホ!!

誕生日におめでとうメールとデートのお誘いをしたのに
返事もくれないで

バレンタインもチョコを用意してたのに
音沙汰なしだし
頭にきたからチョコは食べちゃうからね
一応同じの買って味見しておいたけど
最高に美味しかったんだから
でも、もうあげない。食べちゃうもんね。

ダーリン、昔から『釣った魚にエサは与えない』人だったよね?
私の誕生日だって、付き合っていない頃の方がマメにメールくれたし
ちょっとしたプレゼントもくれたし
どこかに旅行に行ってもお土産くれたし。

付き合うようになったとたんに
お土産も無し、誕生日プレゼントもメールも無し


どーゆうこと??私は貴方のなんなの??


今度会ったら説教だ!!
放置禁止!!
メールには返事!!




あ!!



もしかして…



杏の誕生日に何も贈ってないから
自分から『あれが欲しい』って言えないのかな??



ホント、気の弱い男なんだから。



ダーリンのアホ
んなコトに気なんて遣わなくてもいいのに。






週明け、お誘いメールしようかな

離婚って…

2007 - 02/16 [Fri] - 14:59

『離婚って…どんな感じなんだろうね?』

先月のデートでこんな話しになりました。
なぜこんな話しになったのかというと…

今年の年賀状で多かったのが離婚の報告でした。

年齢的にももう一花咲かせようと思う最後のチャンスなのか
結婚して5年6年と経ち、二人の間で疑問が出てきたのか
全員子供がいなかったので離婚に至ったのでしょうけど…。

『どんな感じって??』
『好きで結婚したのに離婚したいと思うほど嫌いになれるのかなって』
『杏ちゃんの友達ならまだ結婚生活も短いんでしょ?』
『そーなの。みんな7年くらいかな』
『それはちょっと短いね。理由は何なの?』
『聞けないでしょ~』
『だよね』


『俺の友達もさ予備軍が多いらしいよ』
『予備軍?離婚の??』
『うん。もうすぐ離婚しても年金が折半になるでしょ』
『はいはい』
『それを待って離婚を言い渡されるんじゃないかって』
『お友達で?』
『そう。何人かマジで焦ってる』
『へ~、シビアだね~』
『もう俺達くらいの歳になると夫婦愛も通りこしてるから案外あっさり別れちゃうかもよ』
『なんか寂しいね…』


『あたし、あんたに飽きたから離婚しましょ』
『いいよ。おれも飽きてきたから』
『じゃあハンコよろしくね』
『おう。市役所には俺が出しとくよ』
『ありがと~』

なーんて簡単に離婚なんてできるワケがない。
離婚に至るまで何度も話し合いがもたれ、喧嘩をして
時にはぶん殴ってやろうと思うことも言われ
お互いにボロボロになって、ようやく離婚届を出す
ってな具合で…。


昨年、離婚を決意した我が友も大変苦労したでしょう。
みんなまだ若いんだから、これからの人生を楽しんで欲しいな。
頑張れよ、イ●コ、あ●ちゃん、ひ●みさん!!

ICTEL

2007 - 02/14 [Wed] - 14:50

今年の冬は雪が全然無くて過ごしやすいな~と思っていたら
今日は朝から雪で、昼にはかなり積もっていました
それでも気温が高いので道路の雪は融けています。

家に帰ったら今シーズン初の雪かきです…。


そんな今日はバレンタインですね

職場のおエライさん達に配ったら、計算違いにより足りなくなり
彼に渡すはずだったチョコまで使ってしまいました。

神出鬼没の彼ですから…
お昼休みに彼用のチョコを買いに行ってきました

まぁまぁ、平日の昼間なのにすごい人で。
皆さん足りなくなって買い足しですか??
しかも手ごろなお値段のものから売れてしまい
高いのしか残っていません


まぁ、愛しの彼に贈るチョコレートだから高くてもいいんです。





ホントはね

普通のカップルみたいに
デートして渡したかったんだけど
最近は彼のオーラすら感じません


いまどこで何をしているのか
今日の夜は何をしているのか
チョコレートは何個もらったのか



逢いたいよ。

なんだかいま、とても逢いたいよ。

貴方の優しい声が聞きたいよ。







恋は盲目

2007 - 02/13 [Tue] - 15:13

彼(またはご主人)の前で御屁を出せますか?


これ、この前の飲み会で一番盛り上がった話し。
既婚の友達は
『するよ~!!にぎりっぺもするよ!!』
独身友達?は
『たぶん出来ない…』
独身友達?は
『屁ができる彼をつくる』

我が職場での飲み会でもこの話題は出ることが多く
既婚女史?は
『そんなのできるわけないでしょ!!』
既婚女史?は
『も~、お尻上げてしちゃうよ♪』
既婚女史?は
『全然お互いに気にしない』とやはりバラバラ。

ちなみに私は旦那の前だろうと彼の前だろうと
人前で屁なんてこけません

まぁ、半々ってコトで…。


彼は
いまのところ私の前では粗相はしません。
さすが英国紳士を目指している方だけのことはあります。
たとえ私の前でオナラをしても何とも思いません。
だって生理現象ですからね




でもね


恋は盲目といいますよね。


たとえば、今はラブラブだから
『こんなコトをするダーリンも好きと思っていても
普通に考えれば『?』と思うこともあるわけで…。

たとえばユニットバスの使い方が汚かったり
使ったバスタオルをベッドの上に置いたり
オマタの拭き方がお下品だったり…。

あまり深く考えなくてもいい事だけど
ふとした瞬間に思い出すんですヨ…。
上記2点は世界共通のマナー違反だと思うんですが?
海外に何度も行っている人がする事では無いと思うんです。




まぁ、いいけどね。





で、気になるのが3番目です。

なんと説明しましょうか…
バスタオルを前後させて拭くんですよ
御理解いただけます??
片方の手は前へ、もう片方の手は後ろで…
と言えばもっと解りやすいかな??


ちょっと笑えるのよね…。


国内旅行記

2007 - 02/11 [Sun] - 23:42

まだ復縁前のコト…。

夫婦で名古屋に行ってきました。
ここ数年の名古屋といえば『愛・地球博』です。

仕事の調整やら休みの配置の関係で数ヶ月前から日程は決まっていました。

新し物好きの彼にも
『セントレア着で万博に行ってきますので○月○日から不在です』
『いいでしょ~♪』

なーんて話していました。

ところが旅行の前週に
『名古屋に行くのいつだっけ?俺もそのあたりに万博行くよ』
と言うじゃありませんか!!
なんでも、彼のお客様の会社の社員旅行の人数合わせらしく
よくよく聞くと、私たちが行く前の日に名古屋に行き
名古屋→京都観光という行程まで同じなんですって。

『それ、私等の旅行とすっかり同じですよ…。パクったでしょ』
『俺が計画立てたんじゃないよ~!!』
『しかも私等より先に行くし』
『情報送るからさ』

で、いざ彼の旅の初日。ヒマなのかしょっちゅうメールが着ます。
『セントレア着きました雨の予報だったので傘を持ってきたけど快晴です
『いまからバスで万博入りですお先に楽しんできます
『いま万博会場だけど凄い人です2時間待ちはあたりまえらしいです』
『いまから名古屋市内に戻り宴会です


何をはしゃいでいるのやら…。
私の旅行計画の話しを聞いてた時は
『へー』『あっそー』としか言わなかったくせに。
もちろん、返事は送りましたよ。
だって当時は心に秘めた片思いの相手でしたから。


翌日、私たちも朝から地元の空港から名古屋へ行きました
空港に着きメールチェックをすると
『いまからバスで京都へ移動です
逐一報告してきます。
夫がトイレに行ってるすきに
『いまセントレアに着きました。いまから名鉄で市内に行きます』
と返事を送りました。



旅行中は一日3件程のメールが着ていました。
失礼のないように返事を送っていましたが…。


いま考えると、これも嫉妬の表れかと…。

たぶん本当は夫婦の秘め事の有無でも聞きたかったのでしょう。





あ!!



思い出しました!!





聞かれました!!




『旅行中は毎日したの??』と。





正直に答えました。
『バッチリ生理中でした』と。
これホントです。



どーも夫と長期の旅行に行く時には
生理も来るみたいです…。



はぁ~。


2007 - 02/09 [Fri] - 15:07

できればお互いの間で嘘は無い方がいいと思う。
けど、つかなきゃならない嘘もある。
それで彼が安心してくれれば、それでいい。

たとえば夫婦のコトを聞かれたときとか。

『円満ですか?』と聞かれるくらいはいいけど
『最近いつエッチした?』なんて聞かれると
たとえ昨晩いたしても
『先週の○曜日かな…』と、つい答えてしまう。

夫と旅行に行った話しをすると
『で、旅行先ではしたの?』と必ず聞いてくる。
そりゃ自称エロエロ夫婦だから、普段と違う環境だと
楽しくデキルわけで…。

旅行先でするのは彼の方で
『旅行に行った時くらいはしなきゃマズイと思って…』
と以前言っていた。
ちなみに普段はレスらしいが本当かどうか。
『カミサンとはもう5年以上もセックスレス』
と言っておきながら
『杏と別れてから、杏に仕事で会う度にカミサンを抱いてた』
と、計算が合わないコトを仰ってた。



実は…



夫がデパートの福引でペア旅行を当ててしまいました



それを彼に言ったところ
『じゃあ、旅行中は毎日するの?』と。
でも、彼が私の旅行中に悶々としないように考えておいたセリフの登場です。
『旅行中はピタっと生理と重なる予定なので…』

もちろん、嘘です。
それで彼が安心するなら嘘でも何でもつきます。


ところが…
これが嘘じゃなくなりそうで…

こんなコトがあったので病院へ行ったところ
処方された薬のせいで、本当に旅行と生理が重なりそうです。


いーやーだー!!

昨日の出来事

2007 - 02/08 [Thu] - 15:50

昨日、彼が我が職場に来ました。
昨日のエントリの通り、我が社の仕事ではなく
打ち合わせの場所を提供しただけですが…。


顔を合わせるのは秘め始めの濃厚逢瀬以来だったので
なんか照れちゃいました
彼もエロっぽく口角が上がっています

二人きりじゃないので当然色っぽい話しは出来ませんでしたが
『ちょっとパソコン貸して』
と彼が私の席に着きカタカタと何やら資料を作り印刷し
どーやら私がプリントアウトした飲み屋の地図まで
彼の手元に行ってしまったようです。
すると彼は私に地図を返しついでに
『今日は飲み会?』と小声で聞いてきました。


その一言が嬉しかったんです
私の予定を聞いてきたことが
私にとって心地よい拘束感だったのです。



実は前回の濃厚逢瀬の『お茶の口移し』がいまだに気になってて…。
どーやらこれは心理的な独占欲の現われだそうです。
ドSな人だと唾液まで飲ませるそうです(これはカンベン


彼の独占欲の強さはなんとなく感じていましたが
彼から口移しで飲み物を飲ませてもらったのは初めてでした。

そんな彼をますます愛おしく想い…
これ以上好きになったら私はどうなってしまうのかと
考えはじめた今日この頃なのでした。


でへへ

2007 - 02/07 [Wed] - 17:10

いま、彼が職場に来ています

我が社の仕事ではなく、他社のお偉いさんと
なぜかここで打ち合わせをしています。

まぁね、杏に会いに来たってーのは解るし
アチラの会社はかなり遠いので、杏の職場の方が
来やすいからでしょう





どーでもいいけど、かっちょえ~

性格

2007 - 02/06 [Tue] - 17:45

彼の思考がちょっと変わったかもしれません。
悪い方へではなく、良い方へ変わった気がします。

元々誰からも好かれる性格の良い人だったのですが
やはり歳のせいでしょうか、自分の身体の事となると
とたんにネガティブな発言が多くなります。

『俺、もう歳だし…』
『最近物忘れがひどくって…』
『俺、こう見えても髪の毛、薄いんだよ…』
『最近、動悸が激しくて…』
『オジサン、もうダメ…』


昨年のデートの時に
私と付き合うようになってから
身体の調子が悪くなってきた…と言われました。

それって私のせいかよと思いましたが
それは双方の配偶者への気遣いからだと判明しまして…。


秘め始めの時
『俺ね毎日、日記を書いてるの』
『アンネの日記?』
『違うよ~、酒量と体調の日記』
『ふんふん』
『誰とどのくらい飲んだかと体調を書いてるの』
『エライね~』
『そしたらね、俺けっこう酒飲んでるんだよね』
『飲んでる、飲んでる』
『やっぱり飲みすぎた次の日調子が悪くてね』
『うん…』

以前までだと
『なに?ってコトは私とはもうダメなの??』
と思うほど弱気な発言が続くのですが

『でもさ、考え方変えたの』
『どう変えたの?』
『何だかんだ調子が悪くなっても生きてるんだなって』
『うん!!』



こーゆうポジティブな発言をするなんて私の影響でしょうか??


彼と話しをしていても
『大丈夫、大丈夫!!』
『そぉ?気のせいじゃない??』
『きっと相手は貴方よりイイ男だったのよ
 だから仕事をとられたのよ、諦めなさい』

と、バカみたいに励ましています。

そのおバカな思考が彼に移ったようです。


杏仕様ですな…

2007 - 02/05 [Mon] - 16:12

困った。



続きを読む »

した

2007 - 02/03 [Sat] - 12:29

濃厚な時間を過ごしてから1週間が過ぎました。
いまだに彼の感触は忘れられません


最近よーく思い出すのが…






続きを読む »

誕生日

2007 - 02/02 [Fri] - 17:00

今月は彼のお誕生日があります。

ホントは一緒にお祝いしてあげたいけど
誕生日くらいは家に帰してあげないとネ…。

去年の彼の誕生日もしたように
今年の誕生日もケーキを買って帰ろうと思います。
『珍しいな、ケーキなんて』と夫から言われても
『食べたかったの~』と言えばいいし。

本当は昨日、ケーキを食べたい気分だったけど
もうすぐ彼の誕生日なので我慢しました。

プレゼントも彼が欲しいものを贈ろうと思います。
いろいろ考えたけど、人前で使ってもらえる物がいいと思って
本人に聞くことにしました。

ダーリンは幸せ者だなぁ…。
この前のデートではプチ旅行のお土産をもらって
次は誕生日のプレゼントをもらって
その次はバレンタインだし。



ねぇダーリン

いつまでも一緒にいてね
貴方は自分はもう若くないと思っているかもしれないけど
それでも私は貴方が好きなのよ
優しくて、真面目で、些細な事でクヨクヨして
前向きで、紳士的で、いやらしい
そんな貴方が大好きです





続きを読む »

代理

2007 - 02/01 [Thu] - 11:50

濃厚な時間を過ごした翌日
心身共に満足していたはずなのに
身体の火照りは収まらず…









続きを読む »

 | HOME | 

カレンダー

01 | 2007/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

プロフィール

杏々

Author:杏々
杏々:酒飲みの四十路妻
吉田:闘病中の還暦男
    独身時代の交際相手
    腐れ縁も12年目

仕事で知り合い18年目に突入
遠距離・婚外恋愛懲りずに継続中

リンク

内緒話はこちらから♪

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

携帯からチェック♪

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。